アルバイトに必要な免許ってあるの?

現在では、お酒を飲んだ時に運転代行を依頼するのも当たり前になりました。

したがって、そこで働くアルバイトの求人も多くなっています。

仕事の内容としては2人ペアとなって会社の車に乗り指定場所へ向かい、その後1人は依頼主の車を運転して目的地まで送り届け、もう1人は会社の車で随伴します。

最後は会社の車に2人乗って戻ってくるシステムです。

このような運転代行のアルバイトは必然的に夜間の勤務が多くなりますが、時給が高いことがメリットといえます。

そのため、副業として行う方も多くいる現状があります。

こうした運転代行のアルバイトですが、仕事をするには資格が必要です。

一つ目は普通自動車の第一種免許であり、これは特に勉強などをしなくても、たいていの人は持っています。

二つ目が普通自動車の第二種免許であり、こちらは会社の車のみを運転するなら必要ありませんが、お客様を乗せて車を運転する際には必要となります。

そのためには条件があり、一種の免許を取得してから3年以上が過ぎていることと、年齢が21歳以上であることです。

特に運転に関係した仕事を経験していない限り、二種免許を持っている方は少ないといえますが、だからといって運転代行のアルバイトとして採用してもらえない訳ではありません。

ほとんどの場合、運転代行のアルバイト求人は第一種免許のみでも応募可となっています。

もちろんできる業務は限られますが、時給も大きな差はありません。

そして会社によっては、採用後に第二種免許を取得するための支援制度を設けているところがあります。

そのような制度を利用すれば運転代行のアルバイトとして働き、会社の支援を得ながら第二種免許を取得する事が可能となります。

取得後はより仕事の幅も広がり、やりがいも出てきます。

運転代行のアルバイトにおいて必須な資格は第一種免許といえますが、本来的には第二種免許も必要ですから、取得を目指したいものです。

Comments are closed.