レンタカーを代行してもらうことは可能?

レンタカーは、レンタカー会社から自動車を借りて利用するというものになります。

用途としては、ビジネスである地域を周らなければならない時や、観光旅行などで時刻表に左右されずに、自由に見て周りたいといった時に有益な方法です。

また乗り捨てなどを利用すれば、返却場所も同じ場所に戻らなくても済むといったメリットがあり、上手に使うことで行動範囲を広げることができます。

レンタカーでは基本的に契約では借りた人しか運転できないことになっており、それ以外の人が運転すると契約違反になってしまいます。

特に問題となるのが保険の取り扱いで、レンタカーの場合には契約者が運転していることによって保険が適用される契約となっています。

このため契約者以外の人が運転すると事故などを起こした場合に保険適用を受けられない場合があります。

しかし、外出先で飲酒をしたなどの理由によって運転代行業者に運転を頼むことは可能です。

運転代行業者の場合には業者自身が専用の自動車保険を掛けているため、仮に運転代行中に事故などを起こした場合でも運転代行業者の保険が適用されることになります。

このためレンタカーであっても運転を代わってもらうことができるメリットがあります。

またレンタカーを手配して運転代行を行ってもらいドライブするといったことも可能です。

一方で同乗者などに運転を代わってもらう場合には、事前の契約内容によっては注意が必要です。

レンタカーを借りるさいには共同借受人欄があり、そこに署名した人であれば契約者した本人と同じ扱いになり、運転することが可能になります。

しかし、共同借受人欄に署名がない場合には保険適用の補償の対象外になりますし契約違反になります。

Comments are closed.