昼間も営業していますか?

運転代行は、飲酒運転を回避するためのビジネスです。

従って、仕事終わりでお酒が入る夜間からが営業の中心となります。

しかし、結婚式で車で行ったのに飲んでしまった場合や、ゴルフ場で飲んでしまった場合、飲酒するつもりはなかったけれど友人と会って、つい付き合いで飲んでしまったなど、昼間でも運転代行の需要は確実にあります。

代行は18時以降〜という先入観があるので、営業時間は夜間だけと思ってしまいがちですが、24時間営業時間を設けている運転代行業者も存在しています。

タクシーと比較すると料金は少し割高になりますが、お店やゴルフ場に車を置いて帰り、後でわざわざ取りに戻る事を考えたら、その方が労力も費用もかかります。 

そして、なにより飲酒運転は犯罪になります。

法律も改正されて、飲酒運転に対しては更に厳しい処罰が与えられるようになりました。

同乗者もお酒を提供した店も賞罰の対象です。

自分の将来を守る為にも、運転代行を上手に利用する事が必要です。

但し、24時間の営業時間の業者でも、昼間の代行は前日までの予約が必要なところが大半になっていますので、利用する場合は事前の確認が必要です。

昼間の利用に関して予約が必要なのは、24時間営業でも、売り上げが集中する夜間に人員を集中させている為、昼間の代行に関しては事前に人員調整をしないといけないからでしよう。

昼も夜の利用も、事前予約をしておけばスムーズな対応になりますが、車で外出したけれど、途中で体調が悪くなり、運転して帰る自信が無い時なども24時間の運転代行業者に問い合わせをしてみるべきです。

このような予定外の昼間時でも、人員の都合がつけば、対応してくれますので安心です。

Comments are closed.