事故を起こした時はどうするの?

飲み会などでお酒を飲んでしまった時、車で来たとしたら、そのまま乗って帰ることはできません。

かといって、車を置いていくわけには行きませんから、代わりに運転してくれる人を調達する必要があります。

そこで活躍するのが運転代行業者です。

運転代行業者は、誰でも良いというわけではなく、公安委員会の認定を受けた業者で、安全に車の持ち主を乗せて帰ってくれます。

とはいうものの、普通の人が素面でも交通事故を起こしてしまうことがあるように、運転代行業者も事故を起こす可能性はゼロではありません。

この場合、車の持ち主は運転をしていなかったのですから、責任は派遣された運転手ひいては業者というように思うかもしれませんが、依頼した車の持ち主にも、運行供用者責任というものが負わされるのです。

酒に酔っていたとしても、目的地まで誘導していることを考えれば、その意味でも完全に責任を免れません。

このため、事故の被害者が損害賠償を請求した時には、業者と同時に車の持ち主も支払いを拒否することはできないのです。

では、その賠償金を車の持ち主の保険で賄うことになるのか、ということですが、通常の保険では加入者が事故を起こした場合に、保険金を支払うことになっています。

つまり運転代行をして事故が起きた場合には、その対象外となるのです。

ただし、運転代行業者は「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」によって任意保険に加入することを義務付けられています。

そして、事故が起きてしまった場合には、大抵の場合車の持ち主ではなく、業者の保険を利用して支払いが行われます。

事故で傷ついた車の修理に関しても、業者の保険を利用することになりますから、保険会社に連絡を入れて修理の手続きを進めることです。

気をつけるのは、無認可の業者の場合無保険の可能性があります。

料金が安くとも、そのようなもぐりの業者は絶対に利用するべきではありません。

Comments are closed.