自分で開業するために必要なことは?

近年、飲酒運転による交通事故が多発しており、飲酒運転に対する罰則も以前に比べて格段に強化されました。

そのため、車の所有者に代わって運転を行う「運転代行サービス」を利用する人が増加傾向にあります。

運転代行サービスは、必要なものをすべて揃えることで自分自身で開業を行うことも出来ます。

運転代行サービスを開業するためには、言うまでもなく「運転免許」が必要です。

ただし、私達が日頃車を運転する時に必要な「第一種運転免許」ではなく、タクシーやバスなど、客を乗せて車を運転する時に必要な「第二種運転免許」が必要です。

お客様の車についていく車(随伴車両)を運転する場合は、第一種運転免許で問題ありません。

運転免許の他には、前述の随伴車両を購入する必要があります。

一般的には価格が安い軽自動車が多く用いられており、客のもとへ行く時と客の車を追随する時に必要です。

これに加えて、随伴車両を駐車しておく駐車場が必要です。

自分の駐車場を持っていない場合は、月極駐車場を借りる必要があります。

また、自動車保険代やガソリン代、運転代行ドライバーの人件費など、様々な経費がかかります。

運転代行サービスを開業する際は、経費がどのくらいかかるのか事前に計算しておきましょう。

そして、運転代行サービスの平均年収は、代行サービスを提供する会社によって異なります。

時給換算では、だいたい1000円から1500円程度ですが、中には歩合制を採用している会社もあります。

また、お客様によっては「チップ」を渡してくれる人もいるため、仕事内容の割には給料は良いと言えます。

本業で働くのであれば、平均年収は500万円から600万円程度です。

平均年収が低いサラリーマンの副業にもおすすめです。

Comments are closed.