料金はどれくらい?

運転代行は、自動車に乗ってきた人が飲酒をした場合に依頼する業者のことで、飲酒をした運転者に代わって自動車を目的地まで移動する業務となります。

依頼を受けると待ち合わせ場所に2人1組で随伴車に乗ってやってきて、そのうちの1人がお客さんの車を運転して、目的地まで移動を行ないます。

料金の精算については、目的地に到着した時点で精算する仕組みとなります。

なお運転代行の料金の相場については、地域によって差があり、東京や大阪といった都心部と地方部によって違いが見られます。

運転代行サービスは小規模単位で営んでいる業者も多く、比較的に地域に密着した形で行なわれている特徴があります。

最近は飲酒運転の罰則の強化で、地方部にも浸透しているサービスで土日前、忘年会、新年会シーズンなどの催し物が盛んな季節では盛んに利用されることも多くなります。

またタクシーと似たようなシステムをとっていることで、一部にタクシー会社が行なっていることも多いです。

料金の内訳としてはタクシーと似ていて、まず初乗り運賃が課せられ、1km毎の加算運賃がかかる仕組みになっています。

その相場については初乗り運賃で2,000~3,000円を設定していることが多く、加算運賃の相場は1km毎に200~500円までとなります。

その他には深夜の場合は深夜料金が加算されることも多く、日曜・祝日には割増料金もかかることがあり、その相場については2割増しが一般的に浸透しています。

さらに自動車保険料の負担やキャンセルした場合にはキャンセル料を取られるケースもあります。

ただ飲酒運転で警察に捕まった場合の罰金や事故を引き起こすリスク、そのまま駐車しておくことによる駐車場代、また自動車を取りに行くまでの電車賃などを考慮すると運転代行業者に依頼した方が安くなるケースも多いです。

Comments are closed.