タクシーとの違いは何?

車で出かけていても、お酒を飲むことになる場合が多々ありますよね。

いくら飲みたくなくても、付き合いや仕事との絡みから飲まざるを得ない場合、あなたならどうしますか?

必然的に車の運転はできなくなります。

飲酒運転は刑罰も大きく、なりより危険で人にも迷惑をかけることになります。

いえ、迷惑どころか、他人の人生を奪うことになりかねませんし、自分の人生も棒に振ることになります。

お酒を飲んでしまったら、その後の選択肢は車を置いてタクシーで帰るか、もしくは運転代行を利用するかになるでしょう。

では、運転代行とタクシーの違いはなんでしょう。

ます、タクシーを利用する場合、自分の車は駐車場に置いて帰ることになります。

当然翌日などに引き取りに行く必要があります。

一方運転代行では、代わりに運転してもらうのですから、車は自宅まで持って帰ることができます。

しかしながら、その料金は、地域や時間、距離にも依りますが運転代行の方がいくらか高いことが多いでしょう。

その時の料金だけで考えればタクシーの方が安く済むかと思われますが、車を置いて帰る分、引き取りに行くまでの駐車場代が余分にかかったり、電車代が必要になったりします。もちろん時間も必要です。

またタクシーはタクシー乗り場からすぐに乗れますし、呼んだとしてもそれほど待たないことが多いでしょう。

それに比べると、運転代行は、飲んでから帰りに呼ぶとなるとかなり待たないといけない場合があります。

なので、あらかじめ予約しておく方がスムーズです。

また、業者によっては、事故などの万が一の際の補償がなされていない場合があります。

もしもの時のためにも、優良運転代行業者に認定されている業者を選ぶようにしましょう。

運転代行は地域密着型なので、日ごろから調べておき、お酒を飲むであろうときには前もって予約をすれば、タクシーより利便性は高いと言えるかもしれません。

Comments are closed.