引越しにあたっては、様々な手続きがいります。
光熱費関係の処理・公的機関への届け出・契約物や金融関係の変更届け・郵便の転送依頼など、すべきことが多くて困ってしまいます。
ただ、身分を証明するためなどに使用するパスポートは、引越しを行うときの手続きが求められません。
パスポートで住所が必要とされる理由としては、なくしたときにスムーズに戻ってくる割合を高くすることだけと言われています。
身分証明としての役割も大きいパスポートは、悪用されるケースが多いために住所の欄をそのままにしておく人も多くいます。
空白になっている状態でも、パスポートとしては十分機能しますし、罰則規定があるわけでもありません。
パスポートに関して変更の手続きをしなければならないのは、異なる本籍地になったケースと、姓が変化したケースのみです。
引越しに際して住所変更があった場合は、自ら新しい住所に訂正することになります。
住所の訂正に決められた方法はなく、二重線で直しても修正液で直しても大丈夫です。
こういった感じで、パスポートにある所持人記入欄は所有者自身が記す部分なので、本人だという証明書にはなるものの、住所を証明するものではないのです。
引越しをしただけですと変更手続きはいりませんが、結婚をきっかけに引越して姓が変わるというケースでは、姓の変更手続きが必要になります。
さらには、新しい引越し先を本籍地に変更する場合も同時に手続きを済ませましょう。
手続きは、転入先の地域を管轄する都道府県旅券課で対応してもらえます。
本人か、代理人による手続きが許されていますから、忘れないうちに済ませましょう。